TOP

NPO法人子育てネットくるみの会は、大阪府枚方市、枚方市駅徒歩7分のはるか助産院を拠点とし、ベビーマッサージの会を中心として活動しています。妊娠中からお産と産後まで切れ目ない支援を行っています。

ベビーマッサージ会は、ウイルス対応空気清浄機設置の上、距離を取りながら開催しています。

ママランチ会は令和4年7月から参加費が3000円に変更となります。お間違えのないようよろしくお願いいたします。

代表は、はるか助産院 助産師 黒田晴代です。助産師が主宰のNPO団体です。座談会の中で、いのちのお話やお産の振り返りもしましょう。年2回はお産といのちのお話をしています。

以下に掲載している、スタッフによる様々な自主企画も同時開催しています。内容は、LINE公式サイト 「NPO法人子育てネットくるみの会」にて毎月お知らせしています。詳しくはお友達登録の上、そちらをご覧ください。
友だち追加

(黒田携帯) 090-3051-8281
harukakurumi462@gmail.com

当会のベビーマッサージ会は参加費500円。どなたでも参加いただけて、お母さんがお母さんを教える活動を22年間続けてきました。会の趣旨に賛同いただき、活動の継続性を図っていくために寄付を募っています。毎月20組前後の妊婦や産後の母子が集うので、ちらし等の配布をご希望の場合もご相談ください。

~寄付されたお母さんの声~

出産後の体調の悪さ、孤独感、育児不安、全てありましたが、くるみの会で救われた一人です。ぜひこれからも地域の母として頑張ってください!(Hさん)

〜寄付いただいている団体(敬称略)〜

ロイヤル保育園

 「そのままでいい」

 妊娠中から出産・育児は自分のからだと向き合って、自分史を振り返ること。

自分が生まれ育ってきた姿を、どんなふうに感じて何を伝えますか?

どんなお母さんや、お父さんになりたいですか?

答えは、日々の育児のスキルアップでおのずと生まれる自信で見えてきます。

 くるみの会は、そんな育児のスキルアップをみんなで楽しむ場所です。

親になり方は誰も教えてはくれないもの。まずは練習。

スタートは「そのままでいい」のです。

 お産といのちのお話は、助産院のお産や帝王切開のお産、胎児の成長と月経のお話など、媒体を使ってお話をしています。お話が始まると途中入室できません。ベビマの続きで始まるのでご注意ください。

【感想】

・誘っていただいてぶらっとこさせていただきました。出産の話よかったです。私、帝王切開(緊急)つい、涙が出ました。気持ちほっこりして帰らせていただきます。
.
・改めてお産の進み方を聞き、自分の時を思い出し「私、よく頑張ったな」と褒めてあげたくなりました。
.
・お産のお話、しくみについてのお話を今まであまりしてきてないので、こういう形で話をしていくのもよいなあと感じました。
.
・子宮模型、とてもわかり易かったです。帝王切開のこと、こんなに詳しく教えてもらったことはないので帝王切開で産んで否定体験になっている人は救われると思います。
.
次回予定は、2022年11月か12月の第2木曜日。通常のベビーマッサージ会の後に続きで開催予定です。参加費500円 予約不要。広報ひらかたの短信でお知らせいたします。

*「お産といのちのお話」は、講演の性質上、途中入室は固くお断りしています。参加される方は、必ず最初からお聞きください。
.

『ベビーマッサージ会』

    • 日時:毎月第2木曜日(8月はお休み)10時~12時
    • 場所:岡本町会館 :枚方市駅徒歩1分
    • 参加費:500円(オイル代込み)
    • 参加予約や入会:不要
    • 持ち物:オイルで汚れてもいいバスタオル 体操しやすいズボン。あればオムツ換え用防水シート

時間があれば、おんぶ講習会、スリング講習会、整体の骨盤体操講習などを同時開催しています。

『ママランチ取り分け離乳食会』

離乳食から頑張ればいいと思っていませんか?離乳食の実際は取り分けです。まずは妊娠中や離乳食までの大人の食卓で、あるもので簡単でおいしいご飯が、気楽に楽しく作れることが大切です。調理スタッフの東間幾子氏による世代を超えたレシピは、驚きと感動の体験。その後はからだが整うご飯のプチ勉強会を開催しています。妊婦さんや妊活中の方も必見

  • 日時:毎月第4金曜日 12時~14時(見学は10時半から)
  • 場所:岡本町会館  参加費3000円(母子一組)持ち物:自分と赤ちゃんのお茶 赤ちゃんのスプーン 他食事の時の必要物品適宜(エプロン、お手拭き等)
  • 申し込みは、代表黒田のアドレスへ harukakukrumi462@gmail.com
  • 《食育講習会内容》食品添加物  砂糖ななぜ体に悪いか? 食パンはなぜ体に悪いか いい油と悪い油 腸内細菌といわしの効能 大豆と水

    詳しくはこちら>>

♡ママスタッフの自主企画事業

     一歳前後のママに知ってほしい収納のコツ>>
物に支配されない暮らし…
いつか使うで置いてる物のいつかは来ましたか?

プレゼンが好評につき、今年度も、どこかで開催予定です。講師は収納アドバイザーの竹田美登里氏。通常のベビーマッサージ会の続きで開催します。10時~11時半。ベビマの時期がとっくに終わったお母さんでも大歓迎です

もう少し学びたい人のためのワークショップのご案内はただいま準備中です。

    • 歯科衛生士による「歯の話」>>歯科衛生士のしらいあやこがベビマのスタッフに入っているとき、ベビマの後にプチ講習会を行っています。
    • 聞香>>
      いつものベビーマッサージの後に、アロマ講座「聞香」を開催し、大好評でした。ベビマしてもしなくても参加費は同じ500円です。今年度もどこかで開催予定です。担当はアロマサロン「心音」橋本祐子氏5種類のアロマオイルの香りを嗅いでから、再度ランダムに5種類のアロマオイルを嗅いで、その順番を当てる遊びです。ベビマで掌から皮膚刺激を脳に送った後に、嗅覚刺激をする遊びは、身体の感覚がリセットされます。
    • 洗剤のお話>>
      アロマセラピストの櫻井季美氏によるお話です。合成洗剤、柔軟剤の宣伝はあるけど、その問題点はテレビ番組では流れない。神経質になる必要はないけど、知っておくということも大切です。
    • セルフマッサージ>>
      こちらもアロママッサージやハーブテントなどのサロン(fuwariの木)代表で、枚方市のファミリーサポートのサポーターなどの子育て支援の場で活躍されている井上潤子氏によるプレゼンです。妊娠出産産後は、赤ちゃんのために頑張って当たり前のような生活の連続ですね。自分を大切にしてもいいんだ、自分を自分で癒すって大切なんだという気付きは、是非すべての女性に知っていただきたいです。


      その他の活動
      ◆「つわり講習とおんぶ・スリング講習」
      〜毎月第2日曜:11時~12時
      はるか助産院近くで毎月開催される、枚方宿五六市では、ひらかた子育て支援ネットワーク主催「おやこの広場とんとんとん」にて
      はるか助産院・助産師黒田による、「つわり講習とおんぶ・スリング講習」を無料開催しています。ただ、残念ながら、ただいまコロナ終息まで五六市の休憩所は閉鎖されており、当会の講習もお休みしています。
      詳しくはこちら>>

      ◆「私のおなかにあかちゃんがやってきた~命をつなぐマタニティイベント

      写真は2018年7月のマタニティチャームズ主催「私のおなかにあかちゃんがやってきた~命をつなぐマタニティイベント」。ニトリモール

      NPO法人子育てネットくるみの会 代表 黒田晴代 (はるか助産院)

      〒573-0051 大阪府枚方市三矢町4-6-2 はるか助産院内

      連絡先 090-3051-8281(黒田携帯) harukakurumi462@gmail.com

    • 令和3年度貸借対照表はこちら